« 高貴(あて)なる紫色 10 | トップページ | 五行説の世界観を超克 12 »

2006年5月17日 (水)

陰陽五行説の色々 11

 どの時点でお隣の中国から
 「陰陽五行説」 を習得したかは不明ですが、
 推古帝 (天皇) 時代の
 冠位十二階制には、その思想を取り入れていました。
 以下は 五行配当表

 仁冠 青龍 (ドラゴン)
 礼冠 朱鳥 (フェニックス)
 信冠 中央   (貴女・貴男?)
 義冠 西 白虎 (タイガー)
 智冠 玄武 (蛇・亀さん)

 漢字の羅列で感じを悪くしないで下さいね。
 仁 礼 信 義 智 なーんて発想とっくのとうに忘れ果て、
 遠い過去の遺物とお思いでしょうが、
 今でも、どっこい生きてる五行説。
 毎日、皆さん、おつき合いしていますよーっと。
 木・火・土・金・水にお日様とお月様を加えて一週間。 (七曜日)
 どうです、ちゃーんと残っているでしょう。
 お隣中国ではCENTERが№1で黄色が一番色(黄帝色)でした。
 紫色の話はドーなったのおっしゃる貴女・貴男・貴方、
 おったまげー(魂消)ですよ。  続く。

☆「冠」 は帽子。色は帽子の縁に縫われた装飾用テープカラー。
★仁・礼・信・義・智 は、「国家の品格」 藤原正彦氏でやや・・・?

★「陰陽五行説」 の詳細は 「陰陽道(説)は天と地・女と男 196」
☆七曜日の順序の詳しい事は 「続 平安朝衣装」 をご覧下さい。

|

« 高貴(あて)なる紫色 10 | トップページ | 五行説の世界観を超克 12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/10110079

この記事へのトラックバック一覧です: 陰陽五行説の色々 11:

« 高貴(あて)なる紫色 10 | トップページ | 五行説の世界観を超克 12 »