« 束帯の色の差異表示 位階 63 | トップページ | 日本の色の誕生 1 »

2006年4月25日 (火)

紫色の服色 推古天皇 64

 今の世の様に年毎・季節毎に変化するトレンドカラー?と違い、
 一条天皇の時代で初めて前回の服色が変わったのです。
 その間、トップの座を他の色に譲らなかった 「紫色」。
 「紫色」 に関しては、603年の冠(帽子)位十二階制定に於いて、
 冠(帽子)の縁飾り刺繍糸の色として登場します。
 紫 青 赤 黄 白 黒 の順序と云う事になっています。
 「紫色」 の記述は、
 日本書紀、推古天皇16年(608年) に
 「衣服皆用錦紫繍織及五色綾色」とあるそうです。
 関根正直さんは、
 『十六年の処とは、六月唐客を朝廷に召されたる時の、
 太子以下諸王臣の服装をさせるにて、服色皆用冠色とあり、
 又十九年(611年)五月薬猟の条にも、
 是日諸王服色皆随冠色とあれば、官服の色の定制も、
 亦これに準じて知らるる也。』
 と語っておられます。
 これに従えば、
 「紫色」 は約390年程ナンバーワンを死守した事になります。
 と云うよりもっともっと続くのです。 「続 平安朝衣装」 で。
 現在の、シーズン毎に変わるトレンドカラー?と
 訳が違い過ぎませんでしょうか? 続く。

注意 あくまでも男性のトレンドカラーのお話です。
   女性の服色は、この限りにありません。
   ゆめゆめ (努々) 女性の方々はご心配なさらないで下さい。
   しかしながら 「紫色」 は女性にとっても、
   一番お召しになりたい服色だった事には
   全く変わりありません。

 次回からは 「日本の色の誕生」 になります。

|

« 束帯の色の差異表示 位階 63 | トップページ | 日本の色の誕生 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/9758253

この記事へのトラックバック一覧です: 紫色の服色 推古天皇 64:

« 束帯の色の差異表示 位階 63 | トップページ | 日本の色の誕生 1 »