« ちょいと飛鳥時代へお邪魔様54 | トップページ | 漏刻(水時計)の飛鳥時代 56 »

2006年4月 7日 (金)

も少し飛鳥時代へお邪魔様 55

 封印されていたメッセェイジが約30年前にこの世に出現。
 新聞報道に依りますと、汚染された大気により、
 大事な女性の顔にシミができてしまったとか。
 お年を召されたホントの女性でしたら、
 色んな技術を以てして何とかなるのですが???
 携わっておられる方には呉々も宜しくお願い申しあげます。
 天智天皇のご子息云われている施貴親王。 
 天武天皇のご子息で 「日本書紀」 の編纂にご尽力されたと云わ
 れている舎人親王。清少納言のずっーと前のお爺さんでーす。
 天武天皇のご子息で後に彼の邸宅  (最古の校倉造り) が鑑真
 の 「唐招提寺」になったと云われている新田部親王。
 天武天皇のお孫さんと云われていて18年前に出土した、
 「長屋親王宮鮑大贄十編」 の木簡で有名な長屋王。
 少なくても、彼ら彼女らは
 日本のその時代 (とき) の空気を胸いっぱいにお吸いになって
 日々生活をなさっていた事は否めません。
 間違(まご)う事なく、私たちは、彼ら彼女らの後輩です。 続く。

|

« ちょいと飛鳥時代へお邪魔様54 | トップページ | 漏刻(水時計)の飛鳥時代 56 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/9470468

この記事へのトラックバック一覧です: も少し飛鳥時代へお邪魔様 55:

« ちょいと飛鳥時代へお邪魔様54 | トップページ | 漏刻(水時計)の飛鳥時代 56 »