« 吉祥天女のインナーウェアー 51 | トップページ | 吉祥天女の衣装 決定 53 »

2006年3月31日 (金)

高松塚古墳のフレアースカート 52

 前掛けエプロンドレス(裙)のアシンメトリースカート
 (一昨年のトレンド(流行)スカート)風の
 サイド流れライン(裙から飛び流れている8本?の布)は
 私共のデザイナーはすぐ気がつきました。
 これはこの絵(吉祥天女像)をお描きになった
 「絵描き」 さんのデフォルメ(変形)だと。
 その様に考えましたのは
 「浄瑠璃寺の吉祥天女像」 を見つけたからです。
  (海老原真紀さんの 「浄瑠璃寺吉祥天女像について」 から。)
 腰から前中心に垂れ下がっているもの(形)。
 これが正直さんの云われる 『吉祥天女の像にある様式』
 に当たるのか?不明ですが、
 この形と前掛けエプロンドレス(裙)を
 フュージョン・コラボ(レーション)したものに違いないと。
 しかし依然と、後を覆う後掛けエプロンドレス(褶)の
 謎が解けませんでした。
 そうこうして、時が経過しつつある一瞬(とき)、
 「高松塚古墳の絵」 がアタマをよ(過)ぎりました。
 思いっきりGoogle検索エンジンを叩きました。
 思った通りイメージした絵がありました。 
 赤と緑と淡いオレンジのストライプのスカート状のものが。
 何とこの世界にも補色とグラディーションが・・・。
 Google検索エンジンに感謝・感激・雨霰っと。 続く。

◆ 私どもの和ごころこもった 「インナウェアー」 はこちらで。 ◆

|

« 吉祥天女のインナーウェアー 51 | トップページ | 吉祥天女の衣装 決定 53 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/9353093

この記事へのトラックバック一覧です: 高松塚古墳のフレアースカート 52:

« 吉祥天女のインナーウェアー 51 | トップページ | 吉祥天女の衣装 決定 53 »