« 吉祥天女像への彩色絵 28 | トップページ | 吉祥天女像への彩色絵 30 »

2006年2月15日 (水)

吉祥天女像への彩色絵 29

 国家予算を注ぎ込んだ 「よみがえる源氏物語絵巻」 の
 復元プロジェクトと訳が違います。
 「甦れ吉祥天女像」 は、
 デジタル科学の粋(すい)を尽くしておりません。
 あくまでも昔買い求めた 「絵」 と
 関根正直さんの 「重修 装束図解 服制通史」 の説明書き、
 及び長崎盛輝・福田邦夫・吉岡幸男・山崎青樹さんらの
 「日本の色」 について研究されておられる方々のご本を
 参考にして描いた「吉祥天女」さんです。
 勿論そこにはZIPANGUの感性 『ZIPANGUパワー注・入』
 して完成させました。
 十二単の 「配色」、グラデーションは観られませんが、
 補色の色使いは見る事ができます。
 先ずは 「同化」 よりも 「アピール(訴求)」 の順序
 になるのかしら
 お時間があれば、十二単の彩色画と比較してみて下さい。
 右の 「絵 おつなぎ処」 の
 「春夏秋冬」 の 「絵アイコン」 をクリックして下さい。
 各々を大きな絵で確認できます。
 吉祥天女像は 「人間」 ですので、
 もし、光明皇后さんがモデルでないにしても
 どちら様かが 「モデル」 さんになっておられます。
 正直さんは、「お召しもの」 のアイテム・「色」 から判断なさって
 奈良王朝時代のセレブなお方の礼服を模して
 この絵を描いたのであろうとされています。
 その原文は 「こちらで」。  続く。

|

« 吉祥天女像への彩色絵 28 | トップページ | 吉祥天女像への彩色絵 30 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/8669788

この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥天女像への彩色絵 29:

« 吉祥天女像への彩色絵 28 | トップページ | 吉祥天女像への彩色絵 30 »