« 分かり合える時空間 26 | トップページ | 吉祥天女像への彩色絵 28 »

2006年2月11日 (土)

紅袴とタンクトップ 賢三 27

 二十二回で語りました紅の下褌(シタハカマ)。
 もしアンダーウェアー (下着) だったとしたら?
 でも、この様な事 (下着を衆目に晒す) を正直さんは、
 『奇現象』 云われていますが、
 今よ世では奇現象でなくなってますよー。 正直さーん。
 昔のお父さん達が着ていた下着の野暮ったい(ご免なさい)
 「ランニングシャツ(オフボディー)」。
 今やベイビーから若いお嬢さん、果てはオバサマ迄、
 その形を「タンクトップ」と云うアイテムで身につけていまーす。
 重ね着用のオフボディあり、
 ランファン代わりのボディーフィットあり。
 (男の子の為に、ランファンとはランジェリーとファンデーション。
 それでも分かんない場合は、ご自分で・・・。)
 この 「タンクトップ」 をインナーウェアーからアウターにした方が
 皆さんご存じかも?、私共の大々先輩の高田賢三さんだったと
 小先輩から聞いた事があります。
 賢三さんは学校を卒業後、パリに渡り、
 アポ無しで今は既に一線から退かれた
 「サン・ローラン」 さんのアトリエの門の前で
 「一緒に仕事をさせてー」 って粘ったお方なんですよ。
 そうこうしている内にサン・ローランさんのお目に止まり、
 目出度く賢三さんは大願成就。
 その後 「世界のケンゾー」 に。
 大胆不敵・一点突破の奇?日本人は世界に飛翔(はばたく)。
 賢三さんには失礼しました。 続く。

私共の 「タンクトップ」 はこちらで。

|

« 分かり合える時空間 26 | トップページ | 吉祥天女像への彩色絵 28 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/8604220

この記事へのトラックバック一覧です: 紅袴とタンクトップ 賢三 27:

« 分かり合える時空間 26 | トップページ | 吉祥天女像への彩色絵 28 »