« 桐壺・式部 頭中将・少納言 25 | トップページ | 紅袴とタンクトップ 賢三 27 »

2006年2月 9日 (木)

分かり合える時空間 26

 前回の 「あばちゃ」 ですが、彼女のお姉さんは 「あねちゃ」 です。
 互いに 「分かり合える時空間だった。」 とお話ししました。
 この事は、単に村・町・街の面積が狭かったからではありません。
 それとは全く逆で、非常に広かった思うのです。
 も少し、詳(つまび)らかにしますと、髪の毛が床にぽとり、
 愛しかった大切な髪がその瞬間に 「ゴミ」 に、頭にいる時は、
 それはそれは丁寧にされていた髪の毛が、
 あなたはもう私にとっては不必要、あっちにお行きってな感じで、
 やがてゴミ箱か掃除機に吸われ集塵袋へ。
 ゴミ・屑と集塵袋は半透明の指定袋の中に、
 そして、朝のゴミ収集日へ。
 爽快な朝8時前の行事は、指定ゴミ集積エリアに「ポイ投げ」。
 その 「ポイ投げ」 される箇所が指定された
 「お家(うち)」 の玄関前。
 誰しもご自分の家の玄関が「ゴミ箱」化されるのは嫌ですよね。
 「分かり合える時空間」 が広いと云うのは、
 ご自身の「家」のゴミ箱と朝ポイ投げされるゴミ集積場と同じ空間、
 場所であったと云う事です。 
 なな何と広~~~い 「お・こ・こ・ろ」。
 うだうだ寄り道していますが、
 本当は 「吉祥天女」 の画像への彩色に
 非常に手間取っているのです。
 私共のデザイナー曰(いわ)く、 一言 「たいへん。」
 と云う事ですので、もう少し時間を下さい。   続く。

|

« 桐壺・式部 頭中将・少納言 25 | トップページ | 紅袴とタンクトップ 賢三 27 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/8576360

この記事へのトラックバック一覧です: 分かり合える時空間 26:

« 桐壺・式部 頭中将・少納言 25 | トップページ | 紅袴とタンクトップ 賢三 27 »