« 吉祥天女 九 | トップページ | 奈良朝の服(五四寸鏡) 11 »

2006年1月 9日 (月)

吉祥天女 十

 昨年の年末に、
 みやび以前の服六で東大寺・正倉院のお話しをしました。
 その続きで、次はこちらをご覧下さい
 (この頁は東京文化財研究所の出版とデジタルアーカイヴ
 彩色関係資料データベース です。)
 左側の 「おうたん(黄丹)」 をクリックして下さい。
 「買物申請帳」 (正倉院文書)
 撰述日 天平勝宝4年(752年) 6月16日付。
 マーケットに行く前にあれこれ書いているお母さんの
 お買い物メモと訳が違います。
 そう云えば、よくメモ書き以外のお買い物が多かった?
 光明子さんか、彼女のお嬢さんの孝謙・称徳帝
 (718~770年 在位749~758年・764~770年)の
 お買い物帳かは不明ですが、
 高貴などちら様かのお買い物リストだったと思われます。
 お年頃を考えると、買い物時点で35才(数え年ですよー。)、
 藤原仲麻呂(706~764年)さんと、
 とても仲睦まじかったと云われている孝謙帝と思いますが、
 52才の光明皇后もまだまだお若い?。
 752年と云えば、東大寺の大仏開眼供養のお年。
 お隣の中国(唐)でただお一人の
 「女帝(則天武后・帝位690~705年)」 に習い
 元号を四文字熟語になさった程の
 「翔んでる(お転婆な)女性」 と云われている孝謙帝さん。
 (四文字熟語の元号は、光明皇后とも。こちらに関してはその内に)
 たまのお出かけ (大仏開眼供養イベント) のお帰りに、
 そのまんま、仲麻呂さんち (家) にお遊びに行かれちゃったとか?
 (孝謙帝の仲麻呂邸へのご訪問は、
 日本社会の歴史(上) 網野善彦氏に依る。)    続く。

 吉祥天女像への彩色画(絵)が完成しました。ご覧下さい。2/13

☆ 今日は 「成人の日」 「冠婚葬祭」 のカン。(感)。
 振り袖姿のお嬢さん。腰と背筋が伸びるでしょう。
 着替えても毎日腰で歩いて下さいね。
 ドレッシーワンピーのお嬢さん。今のお気持ちを何時までも。
 股上狭いジーンズのお嬢さん。寒くても腹巻きしないでね?
 これからの日本を背負うお兄ちゃん達はお嬢さんを大切に。
 皆さん、おめでとうございます。

|

« 吉祥天女 九 | トップページ | 奈良朝の服(五四寸鏡) 11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/8072736

この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥天女 十:

« 吉祥天女 九 | トップページ | 奈良朝の服(五四寸鏡) 11 »