« 奈良朝の服は男女同権? 17 | トップページ | 奈良朝の服(襟が左前) 19 »

2006年1月25日 (水)

奈良朝の服(襟が左前) 18

 「襟が左前」 のお話しのつづきです。
 (決して何かが左巻きではありません。)
 今の世は、メンズのジャケットは襟左前 (右ボタン)、
 レディースが襟右前 (左ボタン) になっています。
 パンツ (下着でない) の前ファスナーはメンズは
 右手で開け閉め可能ですが、レディースは
 左手でないと動かせません。
 (但しデニムパンツのレディースは男物仕立てあり。)
 概して日本人の方々は右利きが多いですから
 女性の方は左手でボタン・ファスナーを
 処理しなくてはいけない事となりたいへんと思うのですが、
 この世に生まれて何にも疑問を持たず
 日常になっていましたので、違和は無い様子の様?
 サンスポーの女性は、ラッキー。
 そう云えば戦前
 (イラク戦争ではありません。第二次世界大戦です。)
 のサンスポーの女性に 「お茶碗は左・箸は右」 と
 親御さんがお育てになったみたいに聞いていますが、
 左利きでお生まれになった方にはイイ迷惑・・・。
 その様に過ごされたお方のお話では、
 「私は、両刀遣いよ?」 なんて。
 「着物」 の合わせは男女共に今の世でも
 襟(衽)が左前になっていて、文化は継承されています。 
 (襟がない服がありますので、
 ご自分の右手側の身頃が右身頃・左手側が左身頃です。
 故に、襟左前は右身頃の上に左身頃が重なる状態です。) 続く。

☆「日本の美・三千年の輝き」の題で日本から散逸した
 「美しく・素敵」 なものが東京都美術館で昨日から開催中、
 お時間のある方は・・・。
 懐月堂安度の立姿美人図や伊藤若冲の月下白梅図 等々。

|

« 奈良朝の服は男女同権? 17 | トップページ | 奈良朝の服(襟が左前) 19 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/8328347

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良朝の服(襟が左前) 18:

« 奈良朝の服は男女同権? 17 | トップページ | 奈良朝の服(襟が左前) 19 »