« 心模様 『藤原道長の心』 62 | トップページ | 十二単 五色の糸 と をかし 64 »

2005年12月13日 (火)

みやびと服(十二単) 63

 藤原道長さん (966~1027年) の
 「この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の
             欠けたることも なしと思へば」 と
 大宴会に集まった方々がこの歌を吟じた (大合唱) のは、
 1018年 10月の 「十六夜」 だったと云う事が、
 藤原実資さん(954~1045年)の 「小右記」 を以てして
 分かっています。
 (ここは、永井路子さんの 「この世をば」 での文脈です。)

 (実資さんのブログ(備忘録日記)のお陰で、
  道長さんの 「歌」 の存在と月日が分かっちゃうなんて。
  とっても、感謝しまーす。)

 なぜか道長さんをお嫌いな (と思われる) 永井路子さん。
 「この初冬の 『十六夜』 以後落ち目の三度笠・・・云々。」  と
 道長さんをしっかり、くさしておられます。
 永井様、後の世にお生まれになり
 「過ぎ去りし歴史の結果」 をお知りになって
 それをフィクションの名を借り、
 「歴史小説」 をお書き遊ばれるんですから後付はちょいとズル。
 でもそれ以前の時代の筆さばきはお見事。

 その時点の道長さんは、十中八九、未だ、ご子息の頼通さん
 及びご血縁の方々の 「お幸せ」 を乞い願い、
 支援・画策なさっておられました。
 その大合唱の後、約10年この世に生存されました。     続く。

藤原道長さんの詳細は 「平安時代のキャリアウーマン」 で

|

« 心模様 『藤原道長の心』 62 | トップページ | 十二単 五色の糸 と をかし 64 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/7596937

この記事へのトラックバック一覧です: みやびと服(十二単) 63:

« 心模様 『藤原道長の心』 62 | トップページ | 十二単 五色の糸 と をかし 64 »