« 奈良朝の服(令集解)四 | トップページ | 奈良朝の服(令集解)六 »

2005年12月25日 (日)

奈良朝の服(令集解)五

 一位から五位は説明が長ーくなりますので省略。
 源氏物語の書き出し
 「いづれの御時にか、女御(にょうご)、更衣(こうい)
  あまたさぶらひ給ひけるなかに、
  いと、やむごとなき際(きは)にはあらぬが、
  すぐれて時めき給ふありけり。」
 の女御・更衣の順番のかーんじ (感じ)。?
 お色もそれ関連なのですが、「差異表示」 なんです。
 お色の順番は
 神奈川歯科大学の泉滋三郎先生が整理して
 お書き下さっていますので
 (7「衣服令」で使われた色彩)をご覧下さい。
 わたくしどもも、位階服飾カラーを用意しました。
 続 平安朝 衣装、「位階と服色 差異表示」 でご覧下さい。

 紕帯(はたおび) ベルトです。
  実際に結ぶ帯(大帯)と装飾用帯があったとの事。
  装飾用帯は配色を施してあったみたいです。
  深い紫と渋い赤 赤薄紫と深い緑 薄紫と薄緑とか。 
  メンズのベルトは皮製だったんですって。

 褶(ひらみ)  腰下ロング前掛けドレス。(を覆う)
 裙(うわも)  腰下ロング前掛けドレス。(を覆う)
  両方とも前掛けみたいなものです。
  違いは褶は 「後」 を覆うもの
 裙は 「前」 を覆うもの。
  エプロンの紐を前から後に回して結ぶか
  後から前に回して結ぶかの違い。
  水着の 「パレオ」 のサイド結びを
  前後結びにした感じ。
   かえって分かりにくくなっちゃたかな?
  その褶がみやびの世で
  後身のみのロングスカートの裳(も)に。
  ここに絵があります。  続く。

 ☆ 今日は、クリスマス。 ☆
  贈り物 (プレゼント) を頂けましたか? 「男の子」 は出費のみ?
  (お父さん・殿方も)と思ったら大間違えですよっと。
  今現在 「ココにいる存在」 が
  最高の「あなたのご両親から」の贈り物。

|

« 奈良朝の服(令集解)四 | トップページ | 奈良朝の服(令集解)六 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/7818536

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良朝の服(令集解)五:

« 奈良朝の服(令集解)四 | トップページ | 奈良朝の服(令集解)六 »