« 襲色目(観て・見て・感じる) 33 | トップページ | 襲色目(曇華院殿装束抄) 35 »

2005年10月17日 (月)

襲色目(満佐須計装束抄) 34

 美味しいものがたくさん食べられる 「秋」 と云う事で、「秋」 から。
 ここからは、十回で紹介した 「関根正直」 さんからの孫引き。

 日本女性の装束を、ある程度体系づけられて現存する写本の内、
 一番古いのは、
 「満佐須計装束抄(まさすけしょうぞくしょう)三」
  源雅亮(みなもとのまさすけ)著         との事。
 
 この源雅亮さんを調べたのですが、
 力及ばず 「誰」 か分かりません。
 から(搦)め手で攻めた結果、このお方は、
 近衛帝の奥様(皇后)の
 「お召しもの」 のコーディネーターを
 おやりになってたみたいなんです。
 近衛天皇(1139年~1155年)(在位1142年~1155年)
 ですので、藤原道長さんの時代から約120~150年下った時節。
 近衛帝の奥様(多子さん)は、徳大寺公能さんのお嬢さん。
 この時代の羽振りの良い 「源」 さんは村上源氏さん一派。
  (今現在、ちまた(巷)を騒がせておられる村上さんとは違います。
  阪神タイガースは、一体どうなる?)
 だから、源雅亮さんは、たぶんその方面のお方と思うのですが? 

 女性で残されている一番古いのは、
 「曇華(花)院殿装束抄 (どんげいんどのしょうぞくしょう)」
 聖秀尼宮(せいしゅうあまみや?)著       との事。

 このお方は、後奈良帝のお嬢さん。
 後奈良天皇(1496年~1557年)(在位1526年~1557年)
 道長さんから約500年後。
 このお嬢さんのご本は絵つきで「カナリー」微細。         
 日本で最初の女性服飾デザイナーさんか?
 こちらで写本見られます。(この様なリンクは良いのかしら?)
 (京都大学附属図書館所蔵  平松文庫 『曇花院宮餝抄』 )
 これは、寛政元年五月下旬の作。(1789年松平定信の
 寛政の改革、又、アメリカ初代大統領ワシントンが就任した年。)
 上記の2点を特に参考にしてこれから紹介する十二単の「絵」を、
 作成しました。  次回へ続く。

十二単の 「絵」 は こちらへ。
襲色目と重色目の資料はこちらでご覧頂けます。

|

« 襲色目(観て・見て・感じる) 33 | トップページ | 襲色目(曇華院殿装束抄) 35 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/6438658

この記事へのトラックバック一覧です: 襲色目(満佐須計装束抄) 34:

« 襲色目(観て・見て・感じる) 33 | トップページ | 襲色目(曇華院殿装束抄) 35 »