« 十二単(光の三原色) 二十 | トップページ | 十二単(子産みマシーン) 22 »

2005年9月21日 (水)

十二単(原始女性は太陽) 21

 前回の答えは、「三色の組み合わせをせず、光を消す。」 でした。
 「光」 が無ければ 「真っ暗闇」 で、「暗黒」 の世界。
 そうです。 「ダースベイダー」 の世界?
 パソコンのディスプレイの内で 「黒」 に見えるのは、
 発光をさせていないのですって。
 お休みになる前に 「電気を消す。」 とお部屋は真っ黒?

 皆様がパソコンの 「お絵かきソフト」 でコピーでなく自作の絵を
 お描きになり、「色」 指定をなさった場合は、
 この世に二つと無い物を 「創作」 したことになると思います?
 色数は256色・65536色・16777216色の中から、
 貴女・貴方・貴男の 「お好き」 な 「色」 を選び放題。
 選択できる色数が3・5・8桁かは、お手持ちの 「マシーン」 次第。
 さあ今日から、貴男・貴方・貴女も、「アーチスト」?
 すぐにでもなれたら、誰も苦労はしないか。
 
 「お日様」 が燃え尽きない限り、私達は 「綺麗なもの」も「汚いもの」
 も、観られ、見られ・感じられるのです。

 青鞜で 「原始女性は太陽とか」 平塚雷鳥さんは語っていましたが
 正当ですよねぇ?
 ほんと 「お日様」 と 「太陽」 って、なんて 「素敵っ」  続く。

 光・絵の具の三原色は 「補色と匂い」 でご覧下さい。
 「十二単の彩色絵の資料」 はこちらへ。
 「十二単と単品の絵」 をクリックで見られます。

 ★ 本日付日本経済新聞朝刊に、「みやびの時」 の話題が。
   宇治市歴史資料館の九月二十日付け発表によりますと、
   藤原道長さんのご子息の 「藤原頼通」 さんの別宅と思われる
   宇治殿や池殿の 「庭園」 の跡地かもと。 (宇治市街遺跡が。)
   「自然な流路を改修し、その先に広がる巨椋(おぐら)池や
   比叡山;の借景を楽しんだのだろう」 と話しておられました。

|

« 十二単(光の三原色) 二十 | トップページ | 十二単(子産みマシーン) 22 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/6047945

この記事へのトラックバック一覧です: 十二単(原始女性は太陽) 21:

« 十二単(光の三原色) 二十 | トップページ | 十二単(子産みマシーン) 22 »